【剣盾S13最終205位-2009】ラグラゴンポリ2

f:id:schipsyg_poke:20201229234538j:imagef:id:schipsyg_poke:20210101124624j:imagef:id:schipsyg_poke:20210101131337j:image

[はじめに]

こんにちは。ちっぷです。

今期は、自分が目標としていたレート2000達成できたため、記念として構築記事を書かせていただきました。

今回の構築は、グロリアさん(https://twitter.com/gurolia_pokeaka?s=09)と協力して作成しました。

構築の参考にしていただければ、嬉しいです。

この記事について問題等ありましたらTwitter:@schipsyg_pokeまでお願いします。

 

[構築経緯]

・パッチラゴン

現環境トップのサンダーに強く、スカーフレヒレやウオノラゴンなどに弱点を突かれても、相手に圧をかけて戦える弱点保険ダイマ枠として採用。

 

ヒヒダルマ

眠り対策の枠であり、カバ・ナットやランド・ドランのサイクルが重かったため採用。

 

カミツルギ

ミミッキュカプ・レヒレ、ウオノラゴンに強く、等倍でも受けることが難しい高火力を相手に押し付けることができるため採用。

 

ラグラージ

でんきの一貫を切ることができ、且つステロあくびができ、ダイマ枠であるパッチラゴンやポリゴン2のサポートができるため採用。

 

・ウーラオス

クレセリアやブリザポス、ポリゴン2などに強く、タスキカウンターによる相手ダイマポケモンのストッパーとしても使えるため採用。

 

・ポリゴン2

2体目のダイマ枠であり、氷4倍の弱点を持つカイリューランドロスなど、その他のある程度のポケモンには強く出ることができるため採用。

 

[個体紹介]

パッチラゴン

f:id:schipsyg_poke:20200916165007g:image

@弱点保険

性格:いじっぱり

特性:はりきり

179(108)-152(252)-110-*-90-114(148)

でんげきくちばし/げきりん/ほのおのキバ/つばめがえし

構築経緯にサンダー対策で採用したと書いたが、アッキのみサンダーのダイマを絡められると勝てないため、ポリゴン2とパッチラゴンのダイマ2枠で選出するときもあった。

カバルドンが相手構築にいるときは、パッチラゴンが完全に止められてしまうため選出は控えた。

 Sは1段階上昇で、最速ウツロイド(103族)抜き。

 

ヒヒダルマ

 ガラルヒヒダルマ - 役割論理専用wiki - atwiki(アットウィキ)

@ラムのみ

性格:ようき

特性:ダルマモード

180-192(252)-75-*-76(4)-161(252)

つららおとし/ほのおのパンチ/じしん/はらだいこ

構築に入れておくだけでも、選出誘導することができて、初手に出てくるポケモンを読みやすいため強かった。

初手にカバルドン対面を作ることができれば、はらだいこを積むことができ、相手に十分な負荷をかけることができ、簡単に3タテすることもあった。

ここぞという場面でしか選出しないため、選出率は低い。

 

カミツルギ

ソース画像を表示

@こだわりスカーフ

性格:いじっぱり

特性:ビーストブースト

135(4)-256(252)-151-*-51-161(252)

リーフブレード/スマートホーン/せいなるつるぎ/ギガインパクト

サンダーやカイリューなどの飛行タイプに打点を持ちたいため、ギガインパクトを採用した。

相手の不意をつけるときはダイマした。

最後の詰めで使うことが多く、ビーストブーストすると止まらないため強かった。

ミミッキュが相手構築にいるときに9割選出した。

 

ラグラージ

 ラグラージ - 役割論理専用wiki - atwiki(アットウィキ)

@オボンのみ

性格:わんぱく

特性:げきりゅう

207(252)-130-151(220)-*-115(36)-80

じしん/クイックターン/あくび/ステルスロック

カイリューなど積んでくるポケモンに対して、あくび→クイックターンの動きで相手の行動や交代先を見てから後出しできるのが強かった。

草技には、一番警戒した。

 Dは、補正ありサンダー(@いのちのたま)ダイジェットを確定耐え調整。

 

ウーラオス

 ソース画像を表示

@きあいのタスキ

性格:ようき

特性:ふかしのこぶし

176(4)-182(252)-120-*-80-163(252)

あんこくきょうだ/ふいうち/インファイト/カウンター

相手構築にゴリランダーがいるときは、大体初手に出てくるためカウンターで処理することが多かった。

ブリザポス相手構築にいるときに9割選出した。

 

ポリゴン2

 

@しんかのきせき

性格:ひかえめ

特性:ダウンロード

185(196)-*-110-172(252)-115-88(60)

はかいこうせん/ほうでん/れいとうビーム/じこさいせい

S8から使っていた型を改良して使った。

前期までは、はかいこうせんの枠はトライアタックだったが、いまいち火力が足らなかったため、はかいこうせんにした。

カイリューが相手構築にいるときに9割選出した。

ステルスロックが入ったダイマエースバーン(H4振り)に対して、C一段階上昇ダイアタック(はかいこうせん)で87.5%で倒せる。

ドヒドイデ(H252振り)に対して、C一段階上昇ダイサンダーで確定1発。

[剣盾S9構築記事]

https://schipsyg-poke.hatenablog.com/entry/2020/09/01

 

[基本選出]

ラグラージ→②パッチラゴンorポリゴン2(ダイマ枠)→③カミツルギorウーラオス

※初手の草技に警戒する。

 

初手に出てくるカバルドンなどの隙があるポケモンには、ヒヒダルマを①に選出する。

 

[最後に]

ここまで読んで下さりありがとうございました。

今回の構築に協力してくれたグロリアさん(https://twitter.com/gurolia_pokeaka?s=09)には、本当に感謝しています。

久しぶりに結果を残すことができて、良かったです。

2020年最後の良い締めくくりになりました。